読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家のカンモ君☆ときどき緘動

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)の息子との日々を綴るblogです。

10月初め運動会

運動会は一切楽しみはなく、不安だけでした。
9月にあった予行練習を覗きに行ってみると、やっぱりちゃんと出来ていました。
どれがかんも君なのか見つけるのが大変なくらい、みんなと馴染んでいて、全部全部普通に出来ていました。
かけっこも断トツ一番‼
カラーガードもOK‼

でも本番はたくさんの保護者が見ています。
園庭も狭いので、私でさえもとても圧迫感を感じます。
本人に話を聞いてみると、かけっこは楽しみと不安が入り交じった様子。
カラーガードには少し抵抗がある様子。
かんも君の話し方や、私の問いかけを聞く様子や表情、雰囲気から、何となくそんな感じを受けます。
ただ当日は、かけっこは身体が動かなくなっちゃうかな?
カラーガードはみんなにつられて何となく動けちゃうんじゃないか?と予想していました。

当日は早めに行って、他の子達の出番を見ていました。
その時から行きたくないオーラを出し始め、集合時間が近付くとトイレの連続。
かんも君にかなりの負担がかかっているのが伝わってきます。
それでも何とか先生に引き渡し、入場も何とかクリア。
去年は入場は動けなくて先生に引っ張ってもらっていたから、ここでも成長が見られました。

でも、みんなで平均台や鉄棒をやる第一種目は撃沈。
泣いて全く動けず、先生に抱っこしてもらい移動…
見ているだけで涙が溢れ胸が苦しくなります。
それでも退場は何とか自力で動いていました。

二種目めはかけっこ。
表情はかたいながら、自力でみんなと入場。
予行では出来ていた「えいえいおー」は出来ず、表情を見る限り走れないだろうなと思いました。
今回の運動会も恥ずかしいから見られたくないとのかんも君の意思を尊重し隠れて見ていた為、スタート位置は良く見えず…
「よーい…パン」の音でスタート場所を見たら、誰もいない…
先生とも走れずに脇に避けられてしまったのかと思って探していると、第4コーナーをトップで駆け抜けるかんも君の姿が見えました。
何が何だか全くわからず、頭が真っ白になり、直後に震えてきて大号泣。
かんも君が本番で走れた。
しかも一番で。
ゴールして笑ってる。
とっても嬉しそう。
パパもジジババもみんなみんな泣いていました。
信じられない。
走れた。走れた。走れた。
今思い出しても涙が出てきます。
直前までグニャグニャしていて、とても走れる雰囲気ではなかったのに。
どんな気持ちで走ったのか、私には想像も出来ないです。
頑張った。本当に本当に頑張った‼

この頑張りを見られたから、カラーガードは大丈夫かと思いきや…泣いてしまい、カラーガードも手放して立ち尽くしてしまいました。
先制の補助があり、後半は泣きながらだけどほんの少しだけみんなと出来ました。
期待してしまった分、私もショックだったけど仕方ない。
人前で躍りのような身体を動かすのは特に苦手なようです。
…と思っていたのですが、最後に全園児での躍りは手を動かして少し躍れていました。
う~ん…まだまだ理解出来ないことがたくさんあると思いました。
難しいです。

運動会のビデオや写真を見返してみると、かけっこのスタートや走っている時、入退場、カラーガード、観客の前を通る時にはしっかりと下を向いたりギュッと目を瞑ったりしています。
私が「人がいっぱいで怖かったら下を向くんだよ。それでも怖かったら目を瞑っちゃえば大丈夫だからね」と再三言っていたのです。
きっと胸がドキドキして苦しくて怖かったんでしょうね。
忠実にその言葉を守っているかんも君の姿を見た時、私にはわからない程の頑張りをしたかんも君に本当に感動しました。
どれだけ怖かったんだろう?
どれだけ不安だったんだろう?
下を向いて薄目で歯を食い縛り泣きそうにスタートをきっていたかんも君。
目をギュッと瞑り必死でカラーガードのポーズをとっていたかんも君。
そんな必死な顔を見たら、親として何とも言えない気持ちになりました。
何としてでも、かんも君の場面緘黙を克服させてあげたいと強く思いました。

本当に考えさせられる運動会でした。
そしてあんなに必死で頑張ったかんも君の強さを知りました。
私が不安を感じている何十倍、何百倍もかんも君は不安を感じているのに、それでも必死に一人で立ち向かったかんも君。
素直に愛おしいと思いました。
一人で頑張った競技と、パパと一緒に参加した親子競技との表情の差。
いつか、何でも普通に楽しめるようになれたらいいなと思います。
楽しいことなのに楽しめない。
必死で頑張らないと身体が動かないなんて、そんなの辛すぎます。
少しずつ少しずつ、色んな経験を積んで、自然に身体が動くようになって欲しいです。
全部は出来なかったけれど、必死で頑張る強さを学んだかんも君の運動会でした。
運動会でも大成長‼
私もまだまだ頑張らなければ‼