読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家のカンモ君☆ときどき緘動

場面緘黙症(ばめんかんもくしょう)の息子との日々を綴るblogです。

現在のカンモ君(*^^*)

前回の続きの保育参観の事。
なんと初めてみんなと同じように座っていられました。
少し早目に登園させてもらい、私と主人と末っ子は少し遅れて始まってから行きました。
教室へは入らず、少し離れた所から見ていましたが、なんとなくみんなと同じように出来ていました。
もちろん、お返事は出来ませんが…それでもすごい進歩です‼
今回は【みんなより早目の登園】【見学は始まってからコッソリと】【距離をとって近付き過ぎない】この作戦がバッチリ大成功でした♪


そして年中さんに進級して酷い行き渋りがあったものの、教室に入って少しすれば落ち着く日々でした。
4/13日、担任の先生から放課後連絡があり、年少の時から一緒のクラスの男の子と教室で何やら面白いことを言い合って笑い合っていたとの連絡。
「おならぷぅ~」などと、本当にどうでもいい会話(笑)

どうでもいいことを、自然に喋れて笑える←カンモ君にとって一番負担がなく、最高の流れでの発話に嬉しくて震えてしまいました。

これには進級にあたり年少時の担任の先生が、カンモ君の友達を考えてクラス編成をしてくれた事が一番良かったです。
年少の終わりの3月に、園庭でその男の子と一緒に遊び少し話せたようなのです。
その子は良い意味で凄くしつこくカンモ君にちょっかいを出し続けてくれました。
たとえカンモ君の反応が鈍くても…
そのおかけで喋れるようになったのだと、その子にも本当に感謝しています。

ただこの頃は特定の子としか遊んだり喋ったりは出来ませんでした。
特に女の子が苦手なようでした。